タイムラプス回転雲台 - 勝手にまとめ - 【2015年秋編】

タイムラプス.jpg

 近年のスマートフォンは、パノラマやタイムラプスが撮れる機能がある。それらの機能を使おうとすると、決まってブレブレの写真・映像になっている。「なんだ、こんなもんか。」と思う人も多いだろう。しかし、パノラマ・タイムラプス雲台と言わる装置を持っていることで、それらの機能を存分に発揮することができる。この記事では、スマートフォン・コンパクトカメラ・ウェアラブルカメラなどに使うことができるパノラマ・タイムラプス雲台を紹介したい。



スポンサーリンク

パノラマ・タイムラプス雲台とは

 ベーシックな雲台は、三脚に取り付けてカメラなどを固定するものである。機能としては、三脚と併用することで写真・動画のブレを抑えることができる。パノラマ・タイムラプス雲台は、三脚に付けることはもちろん、単体で使うことができる。写真・動画のブレを抑えるのはもちろん、カメラを少しずつ動かした動的な写真・動画を撮影することができる。
 
要はタイムラプスですな。応用すればパノラマも撮れます。


Veho 回転雲台VCC-100-XL


回転時間:60分 / 1周
重量  :約100g
耐荷重 :750g

 90°で15分、180°で30分、270°で45分、360°で60分。1周1時間と低速回転。デジタルカメラ、ビデオカメラ、ウェアラブルカメラ、スマートフォンに対応。スマートフォンには専用のクリップにより固定することができる。

NEEWER パノラマ雲台


回転時間:60分 / 1周
重量  :192.9g
耐荷重 :450g

 本体に重量が無いため重いカメラには向いていない。しかし、センターバランスを取れる450g程度の小型カメラなら装着できる。また装着時にコインやスクリュードライバーを必要としない。小型カメラ450g程度、GoPro、ポータブルライトに対応。

LPL オートパンヘッドPH-80R L14951


回転時間:20秒~70秒 / 1周
重量  :150g
耐荷重 :600g
動作時間:単4電池2本 / 24時間

 左右に回転しスピードコントロールができる。角度を2度~7度つけられる。すべての操作をリモコンで行う。耐荷重は600g程度。スマートフォン、コンパクトビデオカメラ、デジタルカメラに対応。

INBYTE 小型カメラ用電動式回転マウントBA20


回転時間:25秒、40秒、60秒
重さ  :105g
耐荷重 :300g
動作時間:3時間 / 460mAh

 耐荷重は300gまで対応。本体はプラスチック素材により105gと軽い。回転時間は3種類から選ぶことができる。動作モードも3種類あり「1周を繰り返すローテーション」、「左右を繰り返すスイング」、「90°毎に一時停止するストップ&ゴー」がある。アクションカメラ、デジタルカメラ、スマートフォンに対応。

Gemtune LT-001タイムラプススタビライザー


回転速度:60分 / 1周
重量  :192.9g
耐荷重 :3.5kg

 装着にコインやスクリュードライバーを必要としない。タイムラプス撮影やパノラマ撮影に最適な回転雲台である。コンパクトカメラ、ヘルメットカメラに対応。

Gemtune LT-002タイムラプススタビライザー


回転時間:90分 / 1周
重さ  :192.9g
耐荷重 :3.5kg

 LT-001とは違い1周90分で回転する。より微速な撮影に向いている。用途は変わらず、コンパクトカメラ、ヘルメットカメラに対応。


【おすすめ記事】
PS4をHDMIで撮れるおすすめキャプチャーボード、Game Capture HD
Minecraft ゲームを100倍楽しむ方法!
これからの無線LANルーターは802.11acを選ぶべし!【2016年春】
【さらに値下げ!】GoPro HERO4 sessionが安くなってたの知ってる?

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック