【自分のチャンネルを確かめよう!】YouTube、総視聴回数が10,000再生未満の場合は広告収入の対象外に改定!

YouTube ガイドライン サムネ2.jpg

2017年4月6日(木)、Googleの傘下であるYouTubeは「YouTubeパートナープログラムの概要」を改訂しました。改定内容は、チャンネルの総視聴率が10,000再生未満の場合は広告が表示されないようになります。クリエイターの収益を守り、オリジナルコンテンツを違法アップロードしている者への対策が目的となります。同プログラムに参加するための条件も容易に確認できるようになり、ガイドラインに順守しているかどうか確認し易くなりました。

YouTubeのガイドラインに沿っているか、自身のチャンネル「勝手にまとめブログ」を例に勝手に確認していきたいと思います。





スポンサーリンク



YouTubeチャンネルを確認してみよう!

YouTubeパートナープログラムの概要」を改訂した話を聞いて、驚いている方のために私が所有しているYouTubeチャンネルを例に総視聴回数の確認方法をおさらいしておこう!


YouTube ガイドライン改定 サムネ3 (1).jpg

最初は、いつもの通りYouTubeに「サインイン」します。そして、ブラウザ左上から「マイチャンネル」を押します。


YouTube ガイドライン改定 サムネ3 (2).jpg

自分のチャンネルが開くと、「概要」の欄が表示されます。てか、よく見ると、既に上に視聴回数が表示されていましたね。


YouTube ガイドライン改定 サムネ.jpg

チャンネルの概要では「チャンネル登録者」「視聴回数」「登録日」を確認することができます。私のチャンネルは2012年から作成されており、約47万再生されているようです。

よかったよかった。


関連商品




おすすめ記事

【レビュー】流行りの無印「エアーソファー」を買ったら"ある"ことに気が付いた!
【3選】GoPro HERO5 Blackが買い!な理由
タイムラプス回転雲台 - 勝手にまとめ - 【2015年秋編】
【PCゲーマー and PS4ゲーマー】ゲーミングモニターの選び方


関連サイト

YouTube

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック