SONY、スマートフォンと使える防水ワイヤレスポータブルスピーカー4機種を発表「SRS-XB40」「XB30」「XB20」「XB10」

SONY SRS XB10 20 30 40 サムネ.jpg

2017年4月19日(水)、SONYはスマートフォンの音楽を迫力の重低音で楽しめるワイヤレスポータブルスピーカーを4機種発表しました。様々なシーンを想定した防水仕様の「SRS-XB40」「XB30」「XB20」は、フルレンジスピーカーユニットと2枚のパッシブラジエーターを搭載。パワーあふれる重低音を実現しています。さらに、安価な「XB10」も発表。JIS防水保護等級IPX5相当の防水を備えているので、お風呂やキャンプ、バーベキューなどで水しぶきを気にせず使うことができます。音楽に合わせて光るライティング機能を搭載しているので、その場が盛り上がること間違いなし!

発売日は2017年5月13日(土)

SONYが発表した4機種の防水ワイヤレスポータブルスピーカーを勝手に紹介します。





スポンサーリンク



迫力の重低音を体験「デュアルパッシブラジエーター」

SONY SRS XB10 20 30 40.jpg

SRS-XB10」は、前面と背面に低音増強振動版ユニット「パッシブラジエーター」搭載。さらに「SRS-XB40」「XB30」「XB20」は2つ配置した「デュアル・パッシブラジエーター方式」を採用。バスレフ型のスピーカーに比べて風切り音などのノイズを抑え、キレと存在感のある低音息を実現しました。

低音息を強化する「EXTRA BASS」ボタンを搭載し、クラブやフェスにいるような重低音の迫力を様々な場所やシーンで楽しめます。


圧倒的な迫力の重低音再生でより高音質に「SRS-XB40」


φ61mm口径のフルレンジスピーカーユニットを2基搭載し高い音圧と重低音を両立。また、低音を強化する「EXTRA BASS」ボタンを搭載。サイズを超えた重低音を楽しめます。さらに高音質デジタルアンプ技術「S-Master」や、圧縮された音源で失われがちな高音域を効果的に補完する「DSEE」、推奨サウンド設定を実現する「ClearAudio+」など、ソニーが培った先進の高音質技術も投入。ソニーならではの高音質で楽しめます。


大迫力の重低音再生でより高音質に「SRS-XB30」


φ48mm口径のフルレンジスピーカーユニットを2基搭載し高い音圧と重低音を両立。


迫力の重低音再生でより高音質に「SRS-XB20」



φ42mm口径のフルレンジスピーカーユニットを2基搭載し高い音圧と重低音を両立。


重低音再生でより高音質に「SRS-XB10」


φ46mm口径のフルレンジスピーカーユニットを搭載。ソニーならではの高音質で楽しめます。


関連商品




おすすめ記事

【ROOT CO.】防水防塵Bluetoothスピーカーランタン「PLAYFUL BASE LANTERN SPEAKER BOTTLE」をお風呂で使いたい
【価格変動は突然に】「Bose SoundLink Mini Ⅱ」が通常価格より3,000円値下げ!
【限定モデル】2016年度Amazonオーディオランキングに輝いたのは「Anker SoundCore ポータブルスピーカー」
Anker、Bluetoothスピーカー「Anker SoundCore mini」に新色登場!


関連サイト

SONY

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック