【あなたのブログは大丈夫?】不適切な検索アルゴリズムを「不適切コンテンツ」として下方修正することを発表

Google 検索エンジン 告げ口 サムネ.jpg

近頃、アメリカでは信憑性を無視した記事が蔓延しています。

代表して挙げられる例がアメリカ大統領ドナルド・トランプ氏や対立していたヒラリー・クリントン氏などのゴシップネタです。すべては実際には起こっていない嘘の記事であること。書いているライターの人いわく、「何よりもインパクトが大事」とのこと。

もちろん、Googleはそのようなゴシップ記事は許しません!2017年4月25日(米時間)、Googleは「より品質の高いコンテンツをWEBから拾い上げるために検索エンジンの動作方法を変更する。」と発表しました。Googleに記載されている約0.25%が深いや誤解を招くコンテンツである状況を改善するためにランク付け方法を変更するとともに報告ツールを提供すると発表しました。


【関連記事】
【ノウハウ】SEO対策はしなくても良いと言うけれど キーワード作成くらいはやっていても損はない!


Googleの新たな検索エンジンのガイドラインを勝手にまとめます。




スポンサーリンク



Googleは密かにコンテンツを評価していた。

Googleが新たなガイドラインを発表してから約1ヶ月が経過しています。その期間でテスターの方に協力を仰ぎ、偽サイトや不快な検索結果と言った品質の低いコンテンツを下方に評価し排除処置を行っていました。

これまでは、ユーザーの検索内容やWEB上のコンテンツを反映していましたが、予期せぬ結果や不正確な結果が相次いだことにより、ユーザーが告げ口できるシステムが報告されています。


関連商品




おすすめ記事

【レビュー】流行りの無印「エアーソファー」を買ったら"ある"ことに気が付いた!
【作る編】すべてはチー燻の為に!ビールのペール缶から「燻製器」を作ってみた!
Insta360 NanoはiPhone6をVRカメラにできちゃう!
【PCゲーマー and PS4ゲーマー】ゲーミングモニターの選び方


関連サイト

Cnet

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449357181
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック