スマートスピーカー「Google HOME」が日本にも上陸!今夏より販売予定 Bluetooth製品やリマインダーに活用

Google HOME 日本語 サムネ.jpg

まさかの発表だった!

2017年5月18日(木)、GoogleはGoogle I/OにてAI音声アシスタント「Google Assistant」が日本語に対応することを発表しました。さらに、日本では電波法の理由で中々許可が下りなかったスマートスピーカー「Google HOME」が2017年夏に発売されることになりました。

そこで、「Google HOME」が日本でどのような機能を果たしてくれるのか、勝手にまとめます。





スポンサーリンク



「Google Assistant」が日本語に対応



Google I/Oにて「Google Assistant」担当エンジニアリング担当副社長スコット・ハフマン氏が登壇し、「Google Assistant」の新機能について発表しました。

「iOS版 Google Assistant」アプリが提供されていますが、2017年夏よりiOS版Android版ともに日本語に対応することを発表しました。GoogleはAIファーストを謳い、「Google Assistant」が高い精度を誇ることを強調しています。

ただし、「iOS版 Google Assistant」はこれまで同様アプリとして提供されます。


「Google HOME」で出来ること



「Google HOME」で出来ることは上記の動画を見れば、一目瞭然。

リマインダーの管理や単体での通話機能、Bluetooth機器との接続、音楽ストリーミング、さらにテレビにYouTubeの再生などすべて「声」だけで行えます。iOS/Android端末問わずリマインダー、ストリーミング、家電を操作できます。

ストリーミングミュージックはSpotify、SoundCloud、Deezerに対応しています。(※ここら辺は米ユーザーを意識していますね。)

「Google HOME」は無料通話機能に対応しており、最大6人の声を識別します。動画内にもあった「〇〇さんに電話して」と呼びかけることで、あらかじめ登録してある電話番号に掛けることができます。「ダニーからダニーに電話して」と言えば自分の電話を探すことも可能。

ただし、無料電話機能は「アメリカ・カナダ」の固定電話および携帯電話に先行して対応しています。日本ではすぐに無料電話機能が利用できないようです。

今回Googleが追加した国は「イギリス・カナダ・オーストラリア・フランス・ドイツ・日本」の6か国。すでにアメリカでは販売されており、価格は129ドル(約14,000円)です。

日本での価格は発表されていません。


関連商品




おすすめ記事

SONY、スマートフォンと使える防水ワイヤレスポータブルスピーカー4機種を発表「SRS-XB40」「XB30」「XB20」「XB10」
【3選】GoPro HERO5 Blackが買い!な理由
「Nintendo Switch」眼精疲労を気遣う?圧倒的に「ブルーライトカットフィルム」が売れている!
コールマン「アウトドアワゴン」は荷物を楽に運んだり子供の遊び道具にもなるキャリーワゴン


関連サイト

Google Developers
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450003861
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック