【歴代ハイスペック】Microsoft 新型「Surface Pro」を発表!「Kaby Lake」搭載 LTEモデル 最大13.5時間駆動

新型Surface Pro 2017 サムネ (1).jpg

2017年5月23日(火)、上海にてMicorosoftはメディア向けイベントを行い、新型「Surface Pro」を正式に発表しました。イベントでは「The new Surface Pro」と発表され、噂されていた「Surface Pro 5」ではなくナンバリングされませんでした。アメリカにて2017年6月15日(木)より発売されます。価格は799ドル。

Microsoftの歴代ハイスペックモデル「Surface Pro」について勝手にまとめます。




スポンサーリンク



新型「Surface Pro」のスペック

新型Surface Pro 2017 サムネ (3).jpg

「Surface Pro 4」の後継モデルとして発表され、800以上の新設計パーツを採用。歴代と比べ最高スペックに位置している。ディスプレイサイズは12.3インチ、2,736*1,824解像度、アスペクト比は3:2の液晶ディスプレイを搭載。サイズは「Surface Pro 4」と同等。LTE通信に対応し、バッテリー駆動が「Surface Pro 4」より約1.5倍の最大13.5時間。プロセッサはIntel 第7世代 Core(Kaby Lake)を搭載。ラインナップは「m3」「i5」「i7」の計3モデル。「m3」「i5」モデルは冷却用ファンを非搭載にすることで騒音を最大18デシベルに抑えている。サイズは292*201*8.5[mm]。重さは「m3」モデルで768[g]、「i5」モデルで770[g]、「i7」モデルで784[g]。


新型「Surface Pro」のキックスタンドは最大165度まで開くことで「Studio Mode」での入力が可能になる

新型Surface Pro 2017 サムネ (2).jpg

背面に備えるキックスタンドは、最大で165度まで開閉が可能。新型のヒンジにより画面をよりフラットに寝かせてペン入力が行える。「Surface Studio」のようにペン書きが行えることから「Studio Mode」と名称が付きました。


新型「Surface Pro」のストレージ


本体スピーカーは1.6[W]のDolby Audio Premium対応スピーカーを搭載。入出力ポートは「USB 3.0」「Mini DisplayPort」「ヘッドホンジャック」「Surface Connect(充電用)」「microSDカードリーダー」が搭載。残念ながらUSB Type-Cは搭載していない。その他の機能として、生体認証機能「Windows Hello」を搭載し、顔認証機能が利用できる。


関連商品




おすすめ記事

【3選】GoPro HERO5 Blackが買い!な理由
【レビュー】流行りの無印「エアーソファー」を買ったら"ある"ことに気が付いた!
なくすを、なくす。「MAMORIO」、みんなでモノの紛失を防ぐトラッカーが便利そう!
コールマン「アウトドアワゴン」は荷物を楽に運んだり子供の遊び道具にもなるキャリーワゴン


関連サイト

Microsoft

この記事へのトラックバック